現実から戦略的撤退

思いついたことを書く、つまり雑記ブログです

どうしたマンガワン!

どうもポルゴルです
 

 

 

 
12月1日ににマンガワンのアプリアップデートがきました
 
このアップデートはAndroidユーザーにとっては改悪でしょこれ
 
 
原因の大きい理由は「時間制」から「ハート制」に変わったこと
 
 
 
今までAndroidマンガワンは無料で読める時間が10分貰えていて9:00と21:00にリセットにされる(無料時間は繰り越しできない)
つまり1日で無料時間が20分あった
 
 
しかし今回のアップデートで、どの漫画でも1話を読むのにハートを1個消費して読む「ハート制」に変わってしまった・・・(時間もハートも課金で追加できる)
 
 
9:00と21:00に貰えるハートは4個、1日で8個
変換するとハート4個=10分、ハート1個=2分30秒
 
 
 
イヤ1話読むのに2分30秒もかかんねーわ
 
 
漫画のタイプにもよるけど、バトル漫画の1話読むのにそんなに時間かからない
10分の方が量が多く読める
 
 
漫画よく読む人なら特にそうだと思う
 
 
ハート制だと漫画が短いときに損した気になる
連載中の漫画が短いときは、仕方がない
 
作者の体調や他の作業があってなのかもしれない
 
 
ただ全巻イッキ読み(完結した漫画を期間限定で公開している)で1話を前編・後編に分けているのは質が悪いと思う、運営のさじ加減次第だし
 
 
長くても1話は1話だよ、分割されるとテンポも悪いし、水を差された感じにもなるし
 
 
 ---------------------------------------
 

先読み

 
あと先読みって必要?
先読みというのはSPチケット2枚を使って次回更新されるのが読める機能
 
マンガワンを見ている人は分かってもらえると思うけど
 
読みたい漫画が更新されてる
                   ↓
             開いてみる
                   ↓
          先     読     み
 
このぬか喜びどうしてくれよう
 
また先読みって作者の負担にものすごくなってる思う
1週休載した作品が次の週に先読み更新とかもある
 
 
SPライフを課金させたくてつけた機能なのだろうけど、その狙いは読者にバレバレで、
しかも結局負担があるのは作者な訳で
 
 
 無料アプリだから採算がとりにくいのは分かるけど、これは安直過ぎると思う
 
 
 
--------------------------------------- 
 

 不満

 
さて、ここからは他の不満
 
少し前からだけど、読み終わりに広告がつくようになった
 
ネット広告のなかで個人的に1番キライなのが、勝手に動画を再生するタイプのヤツ
YouTubeとかの動画サイトが動画広告を流すのは分かる
 
動画を見るためにページを開いてるから
でも、それ以外のサイトを開いたときに動画広告が流れるのは嫌だ、こっちはそのつもりじゃないから余計にイヤになる

 

 
こういう動画広告を流す商品って逆に嫌われそう
 
スマホで見るのにwifi環境なら良いけど、そうじゃないとき動画がどれだけ通信量かかるのか理解しているのだろうか?
広告で嫌われたら元も子もないような気がするけどなぁ
 
 
---------------------------------------
 
 
なんか運営方針と編集者の感じが変わったような気がする
 
最近の代表的な話でいえば、「血と灰の女王」の編集問題
 
血と灰の女王は毎週火曜日更新の人気漫画
まだ話数も多くはないのだが、打ちきりの話になっていた
 
マンガワンでは新しい単行本が発売される前に宣伝のオマケが更新される
 
そのオマケで作者が、「あと1000冊売れないと打ちきりになってしまいますので、購入を考えている方はお早めにお願いします」と書いてあり読んでいる側としては、ビックリ
 
 
 
この話なんと担当編集が会社にも言わず、勝手に売れないと打ちきりのなると伝えていたとのこと
宣伝のオマケだけ、コメント欄では非難だらけになっていた
 
売上は達成して連載は続いているが、売れなかったらホントに打ちきりだったのだろうか
 
 
---------------------------------------
 
 
この事件から察するに最近マンガワンが単行本の売上を重視するようになってきたのではないかと
 
だけど、それで良いのかなと思う
 
 
確かに単行本の売上は、人気の分かりやすい目安にはなるけど、マンガワンには他にも目安になりそうな機能が色々ある
例えば
  • イイね
  • コメント
  • ちょい足し(漫画オマケコーナーみたいなモノでキャラの掘り下げや小話などが多い、読むには課金のSPチケットやSPライフが必要)
など
 
ここら辺の機能は目安になると思うし、実際に血と灰の女王はイイねの数もコメント数も多い
しかし、打ちきりの対象となってしまった
 
読者としては何が目安なのか、なにが良ければ連載が続くのか分からない状態で、どう応援すればいいのか
 
そもそも単行本を重視するのであれば、他の機能の意味はあるのか、雑誌ではなくアプリでやる必要はあるのかも分からない
 
小学館としては雑誌と比べて、紙と印刷する金がかからない程度にしかおもっていないのだろうか
 
 
 
脱線してしまったけど、まず「連載の続く目安」
をハッキリと提示して欲しいそうじゃないとモヤモヤが残るだけだと思う
 
 
長くなっているが、まだ書くぞ
 
 
---------------------------------------
 
 
単行本重視だと、ほのぼの系が漫画が連載が続きにくいと思う
 
ほのぼの系は、キャラの特徴や世界観を理解されてから、真価を発揮すると思っている
 
だから最初のつかみが弱くなりがちだし、そこそこに話数を重ねていかないとキャラの特徴や世界観を出しきれない
 
だから真価を発揮する前に打ちきりになったり、読者が読むのを後回しにする可能性が高いと思う、もう少し長い目でみて欲しい
 
ライフが余ってる時とかに読んだりしてハマっていくことも多いからさ
 
なんの話かって?「はなまる魔法教室」や「シークレットコード」の話だよ!運営はもっと長い目でみて欲しいマジで!
 
 
---------------------------------------
気付いたら1回読んだ話は普通のハートじゃダメで、SPチケットじゃないと読めなくなってる
 
読む時間がなくてハートだけ消費して、後で読もうと思って忘れてたら、気が付いた・・・
 
おいおい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
まだ他にも「灼熱カバディ」の掲載が隔週から毎週に変わったが作者の体調は大丈夫なのかとか、「劫火の教典」をバトル漫画にしようとした編集とか、腱鞘炎っぽい作者がいたら無理やりにでも医者に連れて行くとか書きたいことは、まだまだあるけど、言いたいことは
 
 
運営しっかりしろよ
 
 
作者をもっと大事にするのと、大まかでいいから読者の声を把握してほしい(ニコニコ動画みたいにならないように)
 
 
 
作品はホントに面白いのが、いっぱいあって好きがだからこそ、どうなのかと思うところが目についてしまう
ホントにがんばってほしい
 
 
運営は拝金主義的にし過ぎず、バランスよく堅実に運営して欲しい(これが難しいのだけどね)
 
 
---------------------------------------
 
 
上に書いた作品のリンク
「血と灰の女王」

 

血と灰の女王(1) (裏少年サンデーコミックス)
 

 

 

 

「はなまる魔法教室」

 

 

はなまる魔法教室 1 (裏少年サンデーコミックス)

はなまる魔法教室 1 (裏少年サンデーコミックス)

 

 

 

 

「シークレットコード」

 

 

シークレットコード 不機嫌な暗号探偵 1 (裏少年サンデーコミックス)

シークレットコード 不機嫌な暗号探偵 1 (裏少年サンデーコミックス)

 

 

 

 

「灼熱カバディ

 

灼熱カバディ 1 (裏少年サンデーコミックス)

灼熱カバディ 1 (裏少年サンデーコミックス)

 

 

 

 

 

「劫火の教典」よりも前作の「懲役339年」をオススメします

 

 

懲役339年(1) (裏少年サンデーコミックス)

懲役339年(1) (裏少年サンデーコミックス)

 

 

 

 

マンガワンのアプリ

play.google.com

 

裏サンデーでも読めるよ(マンガワンと比べて1週分遅れだけど)

urasunday.com

 

それでは